So-net無料ブログ作成
検索選択

Concert Memo: Lavinia Meijer [Concert 2013]

DSC_3012.jpg



2013年10月30日 水曜日 20:15
場所:Grote Zaal, Muziekgebouw aan ‘tIJ
座席:3列 26番


2013年10月30日 水曜日 20:15
場所:Grote Zaal, Muziekgebouw aan ‘tIJ
座席:3列 26番

演奏:
Harp: Lavinia Meijer
Chorus: Attacca Ensemble
Conductor: Fokko Oldenhuis
Percussion: Chris Saris
Piano: Feico Deutekom
Light & Sound: Mark Munnik

曲目:
The Funeral (from Akhnaten)
The Temple (from Akhnaten)
The Hours for harp solo
Freezing (from Songs from Liquid Days)
Vessels (from Koyaanisqatsi)



日本への出張から帰って来てもう5日も経つが、未だに強い時差ボケに悩まされている。こんな事は初めてだ。気が抜けているのか、年齢のせいか。会場へ向かって運転をしているときからヤバイなぁとは思っていた。演奏途中で寝てしまいそうだ。

会場到着。駐車場が一杯だ。観客の数も凄く多い。どうやら今日のハープ奏者、オランダではそれなりの有名人らしい。自分の周りに座っている人たちは顔見知り同士が多いようだ。業界関係者なのだろう。

今日の曲目は、フィリップ・グラスの楽曲をハープのアンサンブル用に編曲したものだ。編成はハープ、ドラムス、男声/女声コーラス、ピアノ、および指揮者。ビビリが出るほどに強く弦をはじくハープの奏法は現代音楽的なものだろう。

「なかなか面白そうだな」と感じながら聞き始めたのだが、開始から3分と経たずに居眠りをしてしまった。その後はずっと眠気との戦いで、まともに音楽を聴く余裕がない。コヤニスカッティの曲が終わったところで休憩に入った。これ以上聞き続けるのは無理だ。帰宅することにした。残念だ。

なお、休憩以降に予定されていた曲目は以下の通り。「アインシュタイ」の曲なんて、もし聴いてたなら間違いなく爆睡しただろうな(笑)

Music in Similar Motion voor harp en piano
Knee Play III (uit: Einstein on the Beach) voor koor a cappella
#9 Under Silver Wing van Crossing Nation (uit: Hydrogen Jukebox) #13 van Cabin in the Rockies (uit: Hydrogen Jukebox)
#15 van The Green Automobile (uit: Hydrogen Jukebox)
#16 van C.I.A. Dope Calypso (uit: Hydrogen Jukebox)
#17 Everybody's Fantasy van Nagasaki Days (uit: Hydrogen Jukebox) Metamorphosis 2 voor harp solo



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。