So-net無料ブログ作成
検索選択
Artists: MNO ブログトップ
前の5件 | -

「Blue Monday」 New Order [Artists: MNO]

blue monday.jpg

 Peter Savilleによる超有名スリーヴ。これは単にフロッピー・ディスクを模っているだけではなく、本作のレコーディング時に使われたEmulatorを象徴しているのだそうだ。Factoryのコンピレーション「Communications」に添えられた解説を読むまで知らなかった事実だが、この時期のNew Orderというバンドが持っていた特質を端的に表したエピソードだと言えないだろうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

「VS.」 Mission Of Burma [Artists: MNO]

VS.jpg

 本作を聴いてまず驚くのは、これが80年代初頭の米国で作られた音だという事実だ。ボストン出身のMission of Burma。世間から完全に忘れ去られてしまったわけではないが、しかしだからといって頻繁に語ってもらえるわけでもない。某CD店の「知られざる名盤」という特集コーナーでこのアルバムを見つけるまで、筆者も全く知らなかった。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Sappukei」 Number Girl [Artists: MNO]

sappukei.jpg

 殺風景。アルバム・タイトルと音楽のイメージがこれほどマッチした作品もなかなか無い。Steve Albiniの様にささくれだったギター・サウンド、何かに追い立てられるかの如く性急にドライブするリズム隊、断片化したまま無造作に吐き捨てられる言葉の数々。そしてそれらが喚起する荒涼としたイメージ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Broken」 Nine Inch Nails [Artists: MNO]

 このミニ・アルバムを初めて聴いたときには言いようのない戸惑いを感じた。USロックの世界で何らかの変化が起こっていることを象徴する音だったからだろう。Nirvanaの「Nevermind」がヒットしたのは本作の前年だから、その時点ではもう既にアメリカン・オルタナの波はキていたわけだが、でもButch Vigのプロダクションが従来のUSハード・ロックの延長線上でしか無かった事と比べると、NINが鳴らす音の「ハードネス」には他のオルタナ群からも屹立した、いかにも衝撃的な響きが有った。

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Finally We Are No One」 Mum [Artists: MNO]

 Lambに出会って以来、知識も聴くための耳もちゃんと持たない状態のままでエレクトロ系の音をランダムにあさる様になった。ハード・コアな物からポップな物までいろいろと耳を通してみたが、未だ体系的に消化しているとは言えないのが正直なところだ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - Artists: MNO ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。